月城まりあの手記

Welcome to my blog

可愛い子供達……親馬鹿なのかしらね(笑)

トミーウォーカーの2つのPBWのうち、やっぱりどっちがより好きなのかというと『シルバーレイン』のほうです。
……勿論、『無限のファンタジア』の世界観も好きなんだけど、お話に上手くついていけないうちにもう最終章なんだ~って思うと、ちょっと残念な気持ちがしちゃうもので(´・ω・)
今日はそんな『シルバーレイン』で、私がプレイヤーとして――背後の者として日々感じていることを書いてみようかな?と思いました。

タイトルにも書いたとおり、ある種親馬鹿な感じの内容ですけれども(^-^;
          *          *

初めに泰花(b58524)の背後人になった時は、本当にごく僅かの学生能力者しか知らなかったんだけど、まだ半年しか経たないというのに今では泰花の周りにはた~っくさんの能力者の皆さんが居ます。
まず、そのことに感謝。(u_u*)

泰花が結社で、教室の片隅で、お手紙で、ゴーストタウンの探索で、いろんな人と笑いあったり真面目に相談したりしている姿を見ると、私もほっとするんですけど、それ以上に泰花の周りに居る子達も可愛くてしょうがないです。(*・ω・)

何だろうな。
もともと小説を書くことをしてきたせいか、「キャラクター」でさえ愛しく思うのですよ。
活字の上でしか動けないとしても、唯の文字列から成る物なのだとしても
そんな事実、はねつけてしまいたいほどに。
それは、自分で生み出した「キャラクター」であれ、他者の生み出した「キャラクター」であれ、同じで。
活字の中で跳ね回る彼らを見ていると、愛しくてしょうがないのです。

さらに言えば、思えば銀誓館学園の第一期卒業生でさえ、まだ20歳なんですよね。(勿論、その背後さんは私よりぐーっと年上の方も年下の方もいらっしゃいますが。)
だから余計に可愛く思えちゃって(*ノノ)


私の高校時代も「黄金期」というにふさわしいくらい素晴らしい期間でしたが、彼らの学園生活も傍で見ているととても素敵。
ある意味で死と隣り合わせの日々を送っているから時に凄くはらはらさせられるけれど、ちゃんと青春を謳歌してますよね、皆さん。恋をしたり、喧嘩したり、一緒に遊んだり……。
うん、いいなぁ('-'*)

それだけに、泰花やその周りに居る子達の憂えた表情や涙を見ると胸が痛みます。
勿論それとて青春の醍醐味。とりあげるような「過保護・過干渉」にはならないようにしないとな~と思いつつも、やっぱり泰花が落ち込めば手を伸べたくなるし、泰花に元気をくれる人がそんな風なら、泰花と一緒になって心配したりして。


……うーん、自分で書いていて、やっぱり「親馬鹿的小説書き」の性質はまだ私に残ってるんだなぁ、と実感(^-^;あはは……。

非公式SSも、書きたいネタが結構溜まってるから、断片だけでも書いていこうかな。
時間と気力が漲ってる時にまとめて作品にするとして。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲーマー&ドールオーナーの、日記のようなblogです。たわいもないことをつづっています。
About me
ボークス製球体関節人形「スーパードルフィー(Super Dollfie)」が好きな初心者ドールオーナー。他社・海外ドールも興味はあるけれどまだまだ無知で恐縮です。
我が家には春歌(MSDG サクラ)、きよし(SD13B リンク)、ちか(幼SDG ちか)、幸彦(SDGrB F-30)の4人が居ます。

他にも、オンラインゲーム「マビノギ」が大好きというゲーマーでもあります。タルラークサーバにて暮らすようにプレイ中。家事の合間に農園や楽器演奏などをしてのんびり暮らしています。

さらに、のんびり屋審神者でもあります。
イベントは全力で、普段はゆるゆると、刀剣男士たちと過ごしています。