月城まりあの手記

Welcome to my blog

楽しんで演じて楽しませたい

一度mixi日記に書いたんですが、後で読み返してむしろこのblog向きの話題だったなーっと思ってこっちでも書いてみます。


私の場合、MMORPGの場合はチャットやコマンド入力といったものに兎に角スピードと正確性が求められるのでそんな余裕が無いんですが、TRPGやPBWRPGでは「キャラクターを演じる」ということを大切にしています。
MMORPGではどうしても余裕が無くて「キャラクター=私」になりやすいんですが、TRPGやPBWRPGでは「キャラクター≠私」で、キャラクターと私は全然別の人です。(※だからといってキャラの行動に責任を持たないという意味じゃないです!!)いつも「この子なら、今どう考えてどう行動するんだろう?」って問いかけ続けて行動しています。

私にとってTRPGやPBWRPGは舞台に立ってお芝居をしたりマイクの前に立ってボイスアクターをしているときのような感覚なんですよね。
お芝居やボイスアクターの活動では貰った台本を元にキャラクターを分析して演じていきますが、TRPGやPBWRPGでは設定を元に組み立てていったら出来上がったステータスシートとそれまでのキャラクターの言動などを元に分析して演じていくんです。
そしてそのどちらの場合も目指しているのは「私が楽しんで演じながら、それを受け取る皆さんにも楽しんでもらう事」。

そんなわけで、実はPBWRPGやTRPGでキャラクターを演じるために、調べ学習をしたりじっくり時間をとって分析したりしています。

例えばTW2「シルバーレイン」の土御門泰花(b58524)のときは、東洋思想や陰陽道、風水学、神道といったものについてネット検索のみならず資料になりそうな文庫を購入して読んだり、他のゲームでどのようにそれらが扱われているかを参考用にリサーチしたりしています。
厳密に正確な史料が入手可能とは限らないので多少なりとも脚色や誤解の入った知識を吸収してしまうのですが、それでも可能な限り実物に近いものを再現したいと思いながら疑問にぶつかる度に資料に当たっています。

実のところ、教室の依頼ではあまり陰陽道の要素を出すことはないのですが、結社での発言(特に試合スレッド)や武器の命名などではちょくちょく出てきたり、あるいは自然に出たりします。
その他にも例えば泰花のバイトを青龍拳士から魔剣士に変えた時も、陰陽道において刀もまた少し特別な意味を持つのだということで、泰花はどういう理由でどういう剣術を修めているかまで考えて変えました。

もともと私は陰陽五行思想や東洋医学の考え方に興味があって高校の頃に専門書を購入して読んでおり、陰陽道もなじみのあった分野ではあるんですが、調べていってみると知らなかったことや誤解していたことも多く、そのまま思い込みで演じなくて良かったとつくづく思いました。
と、同時に新しいことを知るたびにとても新鮮で、よく「へぇ~っ!」と漏らしています。新発見のたびに「それじゃあ、泰花だったらこの術をどうやって使おうとするのかな?どういう考え方でこの術のことを捉えているのかな?」などと考え出して、没頭してしまうこともしばしば。

他に泰花自身についても、時間をとって分析します。

一族の正式な跡取りならば自由の利かないことも多い生活をしていただろうとか、意外なことを知らなくて「ああ、お嬢様なんだ」って面があるはずだとか、使命感というのは人一倍感じているだろうとか、どうしても上下関係の社会の中からは逃れられないだろうけれどもだからこそ本人はそういうものの無い人付き合いを望むのだろうとか……。
この人にはこういう印象を持つはずだから、こういう受け答えをするんだろうな、とか、この人だったら落ち込んでいれば声をかけるけれど、この人だと戸惑っちゃうかもな、とか、前回ああいってるんだから今回も似たような反応をするかな?いやいや、あの事件があってから考え方が変わってるかもしれない、とか……。

結社での発言も、長いときは一晩かけてお返事を考えることがあります。他にもお手紙を返す速度やしたため方も、最初のうちは作法を纏めた本を読んで勉強しながら「育ちゆえにどうしても丁寧になるものの、本人としてはくだけてラフに書いているつもり」を目指して書いています。

こうしてキャラクターについて調べたり分析したりを繰り返しながら演じるのが、すごく楽しいんですよね。そうしてあれこれ考えて考えて出したお返事や発言に対して、何らかのリアクションがあるともっともっと嬉しさは倍増していきます。
さらに、できるならば私のキャラクターと関わってくれるキャラクターを演じてくださっているプレイヤーの皆さんにも、「一緒に遊んでいて楽しいな」と思っていただけるように……すごくすごく難しいことだとは思うものの、そう願いながら演じています。


「楽しんで演じて楽しませたい」と思いながら、今日も今日とてPBWRPGで演じてきます。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲーマー&ドールオーナーの、日記のようなblogです。たわいもないことをつづっています。
About me
ボークス製球体関節人形「スーパードルフィー(Super Dollfie)」が好きな初心者ドールオーナー。他社・海外ドールも興味はあるけれどまだまだ無知で恐縮です。
我が家には春歌(MSDG サクラ)、きよし(SD13B リンク)、ちか(幼SDG ちか)、幸彦(SDGrB F-30)の4人が居ます。

他にも、オンラインゲーム「マビノギ」が大好きというゲーマーでもあります。タルラークサーバにて暮らすようにプレイ中。家事の合間に農園や楽器演奏などをしてのんびり暮らしています。

さらに、のんびり屋審神者でもあります。
イベントは全力で、普段はゆるゆると、刀剣男士たちと過ごしています。