月城まりあの手記

Welcome to my blog

神の贈り物

本日、我が家に新しいリヴリーがやってきました。Agnesが亡くなったばかりではありますが……。
それでも、新たに生まれたリヴリーを引き受けることが出来れば残った真由良もわたあめさんも再び元気はつらつとしてくれるかな?と思って、ミュラー博士のもとから送って頂く事にしました。



今回リクエストしたのは、Great Livly Land開園記念に配布が始まったというムシチョウ種の子。
気品があって優雅な外見と穏やかで繊細な気性に前から惹かれていたので、これを機にお迎えしてみようと思ったのです。

早速小包が到着しました。
(クリックで原寸大)

申し込んでから程なくして、早速送り届けられました。懐かしいな、この白い木箱。
いつまでも狭い木箱に入っていたら窮屈、ということで早速開封。「出ておいで~。」

ようこそ、Mattew!
(クリックで原寸大)

私の指先に立てちゃうくらい、まだ小さい子です。生まれたてだものね。大きくなると手のひらで無いと立てないんじゃないかな?リヴリーの中では中型~大型の中間くらいの大きさになる種だったはず。

「――こんにちは、初めまして、Mattew。」

"Mattew"は、私の好きな「Neo Angelique」のマティアス様よりお名前をお借りして名づけました。マティアス(Matthias:ドイツ語)は英語ではマシュー(Mattew)、どちらの名前も意味するところは「神の贈り物」。
とても素敵な名前ですよね。だから、この子の名前にしました。

そして、ギュニアモデルの島は過ごしやすいのだろうけれど折角手元にもっと華やかで可憐な島があるので、島も整え直しました。
選んであげたのは、愛らしく咲くピンクローズに彩られたガーランドの向こうに堅く閉ざされた秘密の扉……何処かの少女マンガやそれこそ「Neo Angelique」の世界にありそうな場所を再現した島です。

我が子達の島
(クリックで原寸大)

そうそう、順番が前後しちゃいますが、今日は真由良とわたあめさんの島も春に向けて模様替えしました。
真由良のものは今月の限定アイランドセット、
わたあめさんの島には紋白蝶と(この状態では見えませんが、島に近づくとちゃんと見える)春の野と降り注ぐ陽光の前景・背景セット。
ただ、ユキトトリ種のわたあめさんが果たしてこれからの気温上昇に耐えられるのかが心配。
見るからに寒冷な環境でないと苦手そうな感じです。お彼岸を過ぎたら風通しよくしてあげたほうがいいかな~?

島の整備まで済んだところで、早速それぞれの島へMattewを連れて行ってあげて、それぞれにご挨拶を。
真由良はMattewよりも隣にあるMattewの島のほうに興味津々、わたあめさんはわかってるのかわかってないのか、じっと見つめて首を振っているという、何ともマイペースな2匹でしたが……(笑
でも、放置していたら何だかんだでじゃれあっている様子だったので、打ち解けてくれるのも早そうです。

今後とも、Mattew&真由良&わたあめさんをよろしくお願いします。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲーマー&ドールオーナーの、日記のようなblogです。たわいもないことをつづっています。
About me
ボークス製球体関節人形「スーパードルフィー(Super Dollfie)」が好きな初心者ドールオーナー。他社・海外ドールも興味はあるけれどまだまだ無知で恐縮です。
我が家には春歌(MSDG サクラ)、きよし(SD13B リンク)、ちか(幼SDG ちか)、幸彦(SDGrB F-30)の4人が居ます。

他にも、オンラインゲーム「マビノギ」が大好きというゲーマーでもあります。タルラークサーバにて暮らすようにプレイ中。家事の合間に農園や楽器演奏などをしてのんびり暮らしています。

さらに、のんびり屋審神者でもあります。
イベントは全力で、普段はゆるゆると、刀剣男士たちと過ごしています。