月城まりあの手記

Welcome to my blog

天使の里と神戸すみかへ

さて、今回の年末年始も京都の嵯峨野と兵庫の神戸へ行ってまいりました!
お察しの通り、天使の里(+神戸すみか)へのお里帰りです♪


(クリックで拡大)


2013年12月31日から2014年1月2日までの新婚旅行より1泊節約した旅程で、天使の里と神戸すみかだけに照準を絞った旅行でした。
(観光は去年いっぱいしたからいいよね……ってことで。いえ、私としてはまだ観光したりないので何度でも行きたいです。)

というのもちょうど1年前のその新婚旅行で、幸彦(SD Gr Boy F-30)は里フルチョオーダーをしたのです……あの日から、もう1年経つなんて!!早い!!
折角ならあの時にオーダーに立ち会ってくださったDADさんにもお会いできたら良いなぁと思いながら、夏のうちから友人と話し合って計画を立てていた旅行でした。さらにその友人、男の子なんですが私があまりにSDの布教をしたせいで幸彦のことを気に入ってくれて、SDオーナーデビューまで目標にしてくれるようになったので、彼の家から最寄のすみかである神戸すみかにも足を運んでみることになったんです。

とても幸福な2泊3日の旅行となりました。
簡単ながら、お写真を交えつつ皆さんにもご報告します。
以下、追記に折り畳んでありますのでご覧下さい。お写真多めなので注意して下さいね。
まず、12月31日に泊まったのは京都駅最寄の「新・都ホテル」というところでした。ビジネスホテルのちょっと豪華な感じ……?ゆったりとくつろぐには文句無いホテルでした。

京都のホテルに着いて、すぐの幸彦。 ふかふかのベッドの上の幸彦。
(クリックで拡大)


ホテルについてすぐキャリーケースから幸彦を出してあげました。ふかふかのベッドに座らせてあげたらとてもいい笑顔。気持ちよいよね、よく整えられたリネンって。
この日は京都駅までお土産用の阿闍梨餅を買いに行ったりおやつを買いに行ったりしたほかは、お部屋でゆっくり過ごしました。阿闍梨餅の争奪戦は相変わらず凄くて、去年と同じく「帰りがけでいいよねー」なんて言っていたら地獄を味わうところでした。あの人気ぶり……恐るべし。京都駅の自由通路を歩いていると結構な確率で阿闍梨餅の手提げ袋を提げてる人を見たもの。


(クリックで拡大)


そうそう、紅白歌合戦を観たのもこのホテルです。幸彦を膝に抱えて一緒に観ていました。途中で重くて疲れてきちゃったのでサイドテーブルへ移ってもらったけれど、普段あまり自宅で聴かないジャンルの曲も聴けたからか、幸彦もご機嫌な表情でした。

------------------------------

それから翌朝、元旦は早めにチェックアウトして友人とフロントで待ち合わせて天使の里へ。幸彦は「晴れ着」として、Pure Dropさん製の創作中華衣装「朱雀」に着替えてのお出かけでした。私も訪問着姿になりたかったんだけど、荷物がえらい量になるから断念したんです……いつか幸彦と一緒に和装でお里帰りできたら良いなぁ。

4F展望室に着いて、ちょっと休憩の幸彦。 元旦といったらこれよね、という感じの幸彦の1枚。
(クリックで拡大)


天使の里は元旦といえどもそんなに浮かれた雰囲気は無く、ほっとする長閑な空気と時間が流れていました。
そして友人と幸彦と一緒にまず地下階へ行って、幸彦のオーダーに立ち会ってくださったDADさんを探して、奇跡的に見つけて(スタッフさんに店舗間異動があることをすっかり忘れていたのです!異動なさってなくてよかった!)、感動の対面を果たしました!DADさん、とーっても喜んでくださって、しかも私がどんなオーダーをしたかまで覚えていてくれて、「あの白い子!わ~っ♪」とはしゃいで歓迎してくださって、本当にありがたく嬉しい限りでした。DADさん、オーダーしたときには「どんな子になのか会えないから残念」と仰っていたので、対面できて本当に良かったー。

それから友人に里フルチョの体験としてフィッティングを一緒にやってみようと思ったのですが、これは叶いませんでした。大晦日は受け付けていても元旦はオーダー以外だめなんですって。知りませんでした……残念。
その後地下ショップで幸彦のためのドルフィーフェザーと仲良しさんへのお土産として天使の里あられを買って、1Fへ。本当は幸彦に新しいドレスも買ってあげようと思ったんですが、いまいちピンと来るものが無くて断念。羽根に合わせて京天使の衣を、とも思ったんですが、SD Gr BoyだとSD13サイズである「精霊の衣」じゃないとサイズ不足のはずだと思ってやめたんです。店頭には幼天使と京天使のしか無かったの……残念。

それから一旦4Fの展望室で休憩して、友人が幸彦のためにと丹精こめて手作りしてくれたレザーネックレスをお披露目してもらって、幸彦に試着してもらいながら最終仕上げをして、プレゼントしてもらいました。
幸彦ったらなんかもうものすごく嬉しかったみたいで、驚きと喜びと混ざったまなざしでじーっと彼(友人)を見てました。思えば委託販売品を除いたら生まれて初めてもらった手作り品だものね、幸彦。

そして喫茶室でちょっと腹ごしらえして(天使のモンブランを頂きました♪可愛くて美味しかったー!)、3Fと2Fの美術館フロアを堪能して、霞中庵のお庭へ。ちょっと霙がぱらついていたけれど、ビューティサロンでドクターにもお会いできたし、良い風景もたくさん味わえたし、良いひと時でした。

……ごめんね、友人と幸彦とのおしゃべりに夢中で、肝心のお写真を殆ど撮らなかったの、お里。しかも、数少ない写真も萌えブレが酷くて……!
でも、謹賀新年の撮影スポットで撮った写真はお気に入り。ほかには友人も何枚か撮ってくれていたかな?

15時の閉館までたーっぷりお里で過ごした後は、神戸へ友人も一緒に新幹線で移動して、お夕ご飯にして、この日は解散。

その翌日の1月2日は、12時から開店の神戸すみかへ行ってきました。朝から待ち合わせしたらちょっと早すぎちゃって、開店時刻まで近隣の楽器屋さんやアニメイトを散策して、インド料理のお店でカレーとナンのランチ(マトンカレー&ナンのセットを頂きました。美味しかった♪)にして、それから改めてすみかへ。

ここでは動きやすい服装のほうが良いということで再びトゥインクルセーラーに戻っていた幸彦。またSDオーナーデビューを夢見ていて、幸彦のこともよく可愛がってくれる友人に、数少ないチャンスだからということで撮影スペースを一緒に借りて、主に彼のセンスで色んなお写真を撮りました。まだ関節の扱いに慣れてなくてはらはらおどおどしていた彼でしたが、「幸彦らしい」ポージングをあれこれ考えてくれて、賑やかで楽しいひと時を過ごせました。

真面目に学習中の幸彦。 幸彦、寝転んで読書。 幸彦のリラックス読書タイム。
(クリックで拡大)


……今振り返ってみたら、読書中の幸彦しか撮ってなかった私。でもこの、真面目っぽいのにどこかやんちゃな雰囲気のある姿って本当に幸彦らしいと思うの。

神戸すみかでは、友人もフルチョのフィッティングを試す事ができました。最初はイメージが固まってなかった彼も、私とスタッフさんでおしゃべりしながらあれこれアイとヘッドとウィッグの組み合わせを試しているうちにイメージが出来てきたそう。お迎え目指してふれ~ふれ~★

そして神戸すみかを満喫したあと、それぞれの家へ帰途につきました。
観光らしい観光は殆どしなかったけれど、幸せな3日間でした。
またいきたいなー。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲーマー&ドールオーナーの、日記のようなblogです。たわいもないことをつづっています。
About me
ボークス製球体関節人形「スーパードルフィー(Super Dollfie)」が好きな初心者ドールオーナー。他社・海外ドールも興味はあるけれどまだまだ無知で恐縮です。
我が家には春歌(MSDG サクラ)、きよし(SD13B リンク)、ちか(幼SDG ちか)、幸彦(SDGrB F-30)の4人が居ます。

他にも、オンラインゲーム「マビノギ」が大好きというゲーマーでもあります。タルラークサーバにて暮らすようにプレイ中。家事の合間に農園や楽器演奏などをしてのんびり暮らしています。

さらに、のんびり屋審神者でもあります。
イベントは全力で、普段はゆるゆると、刀剣男士たちと過ごしています。