月城まりあの手記

Welcome to my blog

TURN 24「ダモクレスの空」考察

かなり遅くなってしまいましたが…コードギアスR2の考察を、一気に載せてみようと思います。
某所ではリアルタイムで考察文を書いていたんですが、こっちに転載するのをすっかり忘れてました。



------------------------------

まずはナナリーさんの目について。冒頭で涙を見せていた時点ではまだ見えていないようですね。見えないから、罪の重さが理解できていない…フレイヤのスイッチを押すことにだんだん躊躇しなくなっているようになっているのが、怖いです。

次にシュナイゼルの、黒の騎士団に対する発言「集合体としての軍事力に、何の意味が?」について。
TURN 23で黒の騎士団のエースが残っているにも関わらず、星刻様との交換条件にも関わらず、フレイヤを放った時点で、既に片鱗は見せていたのですね。…ああ、其の前のコーネリアさんとの会話における「十億、二十億の命が…」の時点で既に、でしょうか。「個」というものを完全に無視しています。
フジの作戦によって、多くの戦力も旗艦も失い、「集合体」としての黒の騎士団は確かに壊滅といっていい状態になっていましたしね。だからシュナイゼルは「潰えた」と断じ、フレイヤを放ったのでしょうし、それについて抗議なされた星刻様に対しても、「黒の騎士団」という集合の動力部程度にしか捉えていないような応じ方をしていたように見えました。
…ただし、ひとつ気になるんですが、「黒の騎士団」をこの戦場で本当に始末してしまったら、その後の些細なトラブルはどう解決する心算なんでしょう?
規模の大小に関わらずトラブルのたびに逐一フレイヤを放っていたら、そのうち生命体すらいなくなりませんかね……?馬鹿の私から見てもそれは平和どころじゃないように思うんですがいかがでしょう?


ミレイさんとリヴァル君の会話シーンについて。
母のような立場からルルーシュを含めた多くの人を見守り、尚自分の道も切り開いてきたミレイさんと、他人の幸せも願ってきたリヴァル君。この二人はこれからも生き残っていろんな人を支えて欲しいなぁ…と思いました。この様子なら、大丈夫かな?
二人の会話シーンが、ある意味でミレイさん自身ともいえるアッシュフォード学園の中だという描写からしても、ミレイさんは多くの人にとって母のような役割の女性なんでしょうね。(アッシュフォード学園=ミレイさんの優しい腕の中というように見えるんです。)


そして個人的に見られてとても幸せだった星刻様vsスザクさん。きゃーっ!カッコいいんです!わーいわーい!(黙れ

でも、今回の話の中でスザクさんが誰かとの個別の対戦において「生きろ」ギアスを発動させてるのって、星刻様だけなんですよね。(それとも見落としてるんでしょうか。)……その他の方は戦力外通告!?相手が藤堂さんだけでなくカレンさんのときでさえ、発動させてなかったように思います。
恐るべし…な対戦でしたが、星刻様のお体があの時点で相当蝕まれていらっしゃったのか、予想していたよりも比較的早く負けちゃいましたね。一撃蹴られただけで(とはいえ相当強烈ではあったのでしょうが)あれほど血を吐かれてしまうとは…。


それと、今回の玉城さんはいつもの玉城さんで安心しました。今回の話の中で一番安心したシーンでした(笑)必死な本人には申し訳ないけれど、和みをありがとうございました。
このシーンはこれ以上言うことはなしっ。


それから、黒の騎士団を葬る好機について逡巡した後のシュナイゼルの言葉「いや、いけないな。これは欲だ」について。
右目側からの描写ということで、シュナイゼルの本当の姿が垣間見えた…つまり、仮面がはがれかけたシーンだったといえるでしょう。(右目、左目の詳細についてはTURN 23「シュナイゼルの仮面」の考察にあるルルさんの目に関する記述を参照。)
自分の命も含め何にも執着しないというシュナイゼルの仮面の下に、まだ本当のシュナイゼルという人間が残っていたみたいです。


それから、ルルさんから咲世子さんたち従者への最後の命令のシーン。全員の敬礼が非常にかっこよかったです。最後まで、悪逆皇帝であるために、部下に自分を裏切らせるという作戦を立てたルルさんも、それを忠実に実行した彼らもも、本当に並々ならぬ覚悟を持っていたんだなぁ…と思いました。
で、にゃんこアーサーの敬礼に和み、キャメロットのふたりを先導するアーサーに再び和み…うん、ありがとうアーサー(笑


それから、C.C.さんとルルさんのふたりきりの会話シーン。
「大事な戦力だからな」と、素直に言わないルルさんはやっぱり左目側から描写されてましたから、本音じゃないですね。
責任を感じている様子のC.C.さんのしぐさは女性らしく…本音が出ると無意識に滲み出るのでしょうね。

これまで女性に対してひたすら受動的だったルルさんが自分からC.C.さんに歩み寄ったというとても素敵なシーンでしたが、それゆえにぶち壊しにくる存在がいるだろう…なんておもっていたら予想的中。来ましたカレンさん。予告で出ていた涙のカレンさんはこのカレンさんだったんですね。
ここだけ見ていたら壮大な痴話のもつれっぽいよね…とか考えてしまった私の馬鹿さ加減、本当にゴメンナサイ。

カレンさんを迎撃するC.C.さんの微笑みと言葉は、スザクさんと共にルルさんの盾として戦うことを決意したから、とても美しく思えました。「嬉しかった」という想い、「戻って来い」という命令、「笑顔をくれるのだろう」という約束。今回の話のキーワードが凝縮されてルルさんに届けられた言葉だなぁと思いながら聴いていました。それに対し、上着も帽子も脱ぎ捨てて、ただのルルーシュとして答えるルルさんも、素敵です。
ルルさんが皇帝でもない、ゼロでもない、学生でもない、ルルーシュとして答えているというように私が受け取ったのは、C.C.さんもまた、契約関係でも共犯でも奴隷でもないC.C.さんとして上記の言葉を言ったように思ったから……ええと、上手くいえないけど、ここには仮面は一切ない、そんなやりとりだったと思うのです。


アンチ・フレイヤシステムを発動させる一連のシーンはとても感激しましたね。

フレイヤ破りのための画面がルルさんの右目から左目に移りこむという描写、それからロロくんの「やっぱりすごいや、僕の兄さんは!」という言葉が脳裏を過ぎるような鮮やかなキーボード捌き。ルルさんの「想い」が「力」になっていくシーンですよね(単純に言ってしまえば、右目:想い 左目:力 ロロくんの台詞が思い出されるようなキーボード捌きを描写したのも、きっとルルさんの想いの中にロロくんもいたからなんでしょう)。
そしてスザクさんの投擲。「生きろ」ギアスに逆らっての投擲。そこにはルルさんへの信頼と自分の想いがあって、それが力になって、ギアスに逆らったんでしょう。
さらにそこに、ニーナさんの祈りによってユーフェミアさんの想いが重ねられます。
……そして、アンチ・フレイヤは、「想いの力」となって見事にフレイヤを消しましたね。
「想いには世界を変える力がある」という、シャーリーさんとルルさんの通話時のやりとりがふっと思い出されるようなシーンでした。
今回の話のうち、一番の名シーンだったんじゃないでしょうか。


そこから数シーンほどすっとばして、エレベーターらしき移動装置内でのカノンの発言が結構意外でした。
テロリズムに繋がるのではないかとか、ナナリーさんを見捨てることに驚愕していた様子とか…。何か、シュナイゼルから離反したり行動を起こしたりしそうな気がします(最後にルルさんのギアスにかかった警備員に囚われていましたが)。
一方ディートハルトさんはあっさり死んじゃったという意味では意外でしたが、その亡くなり方は彼にふさわしかったような気がします。混沌と虚無を求めて、最後には自身の混沌の中で虚無に飲み込まれる…。



それから、順番が前後してしまいましたが個人的に最も気になってしまう星刻様と天子様の邂逅シーン。
あの緊迫した状況下においても尚可愛らしさを維持しておられる天子様はある意味で大物だと思います(笑)主君の前ですぐに膝をついてその御手をとられた星刻様もよい忠臣でいらっしゃると思います。
…が、幾度かこのシーンを考え続けるうちに、初めは純粋に再会を喜んでいた私でしたが、今では逆に不安になってしまいました。
星刻様に話しかける神楽耶様が咲世子さんたちに向ける視線は恐らく何かに感づいているでしょう視線ですし、その神楽耶様のご様子を見逃す星刻様ではないと思います。
藤堂さんが傀儡状態から抜け出せていない現状とこの人質解放の様子からみて……星刻様がその短いお命を戦場で散らせてしまうことにならなければいいと祈るばかりです。どうしても私には星刻様がこのまま黙って蓬莱島にお戻りになられるようには思えません。天子様がお引止めくだされば、良いのですが…。

まず、星刻様のことから。
スザクさんとの戦闘において「道理無き者などに!」と仰っておられましたが、dその後アヴァロンに乗り込み各国代表の救出、という時に咲世子さんたち&神楽耶さんと合流したことで、スザクさんとルルさんの「道理」に気づかれたのではないかと思います。星刻様は咲世子さんたちに対する神楽耶さんの視線と台詞に何も感づかない方ではないはずですので。
そうなると、神楽耶さん、咲世子さんたち、天子様、神虎…と、星刻様がご行動を起こされるための舞台は整っていることになり、「道理」に気づかれたのであればなおさら、代表らと共に蓬莱島へ戻ることはせず再び戦場へ戻って何らかの行動をとられるのではないかと思います。…というわけで前回の考察において半分くらい直感だったこの予感、ちょっと裏づけが増えたかな。
今夕の最終回でどう行動なされるのか、心配です。



次にカレンさんとC.C.さんの戦闘について。かつては良きライバル&コンビだった二人の戦闘なのでしんどいかなー…と思いながら見ていました。
今回、C.C.さんはだんだんと人間らしく、女性らしくなっていくのに対し、カレンさんは逆に素っ気無くなったように見えました。
C.C.さんは戦闘の後に脱出する最中、非常に素敵な微笑みを浮かべていましたが、あれは自身の中にまだ人間らしさ、女性らしさがあることを再発見したための微笑みなのでしょう。
逆にカレンさんは兄を失い、ルルさんを失い、黒の騎士団を失って、そのために揺さぶられる感情を制御するために殺し、それによって逆に望んでいた世界を実現できなくなる…なんてことにならないといいなと思います。それはあまりに可哀想…でも声優の小清水さんいわく「薄幸キャラ」だそうで、どうなるのでしょうか。



それからルルさん(の録画映像)とシュナイゼルの対話。
ルルさんが「策」ではなく「本質」を見抜いたといっていること、
手の中に黒のキングを持っていること、
シュナイゼルが右目側から描写されていること、
これらをあわせてみると、この時点でルルさんはシュナイゼルの仮面をだいぶ壊したといえそうです。

「仮面を使いこなす」ことについては弟のルルさんより巧いという自信(?)を持っていたシュナイゼル(TURN 23のラストの台詞より)。ということは、「本質を見抜いた」という言葉は彼を揺さぶるのにかなり効果的なものであったと言えそうです。

そして手の中の黒のキング。それはかつてゼロだった頃のルルさん、つまり仮面を駆使していたルルさんを表していたものでしたが、今はシュナイゼルをあらわしているといえます。そしてルルさんの手の中にあるということは、シュナイゼルの掌握(といっていいのかな?表現あってるかな?)を表しているといえそうです。
というのも、位置としても今のルルさんは神聖ブリタニア帝国の皇帝にいますから「白のキング」、そしてさらに仮面を棄て始めていることからもいまのルルさんをあらわすのは「白のキング」といって良さそうです。
一方仮面を駆使してきたシュナイゼル、そしてルルさんと対になる位置にいるシュナイゼルという意味でも、今の「黒のキング」はシュナイゼルでしょう。
それを手の中に持っているルルさんは、シュナイゼルを掌握したということになりましょう。



それからナナリーさんの開眼について。
TURN 24の冒頭では確かに目が見えていません。が、ダモクレスの鍵を彼女が探している2度目のシーンでは、その途中で開眼していますね。最初はうっかり見落としそうになりましたが…。
ルルさんを自分が止めなくてはならないというものすごく強い思いがギアスを振り切ったのでしょうが、演出のせいか、ややあっさり開眼したように思えました。




さて、今夕の最終回。
恐らくもうルルさんは誰に対してもギアスを使わないんじゃないかと思います。
それから星刻様が事態を受けてどう振舞われるのかが気になるところ。
楽しみです。


------------------------------

2回に分けて書いたものを一気に掲載したのでちょっと違和感がある文章かも…。
ちなみに、最終回については未だに考察が出来ていません。
あまりに衝撃で、自分の中で昇華し切れていないために
客観的に分析できないでいるのが自分で分かるからです。
落ち着いたら、挑戦しようかな?
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲーマー&ドールオーナーの、日記のようなblogです。たわいもないことをつづっています。
About me
ボークス製球体関節人形「スーパードルフィー(Super Dollfie)」が好きな初心者ドールオーナー。他社・海外ドールも興味はあるけれどまだまだ無知で恐縮です。
我が家には春歌(MSDG サクラ)、きよし(SD13B リンク)、ちか(幼SDG ちか)、幸彦(SDGrB F-30)の4人が居ます。

他にも、オンラインゲーム「マビノギ」が大好きというゲーマーでもあります。タルラークサーバにて暮らすようにプレイ中。家事の合間に農園や楽器演奏などをしてのんびり暮らしています。

さらに、のんびり屋審神者でもあります。
イベントは全力で、普段はゆるゆると、刀剣男士たちと過ごしています。